今の子どもたちに必要な教育とはなにか

数年前は教育現場といえば学校を思い浮かべることが一般的でした。
しかし、今日では学校以外でも教育が行われている場がたくさんあり、子どもたちはたくさんの大人に見守られながら成長しています。
学校以外の教育の場としては、まず学習塾です。
学習塾は勉強に特化した学びの場です。
現在では受験指導だけではなく、学校の勉強の予習復習や定期試験対策に特化した塾も増えてきています。
次に学童クラブです。
学童クラブとは、保護者の就労や疾病などにより放課後に適切な保護が受けられない小学生が通う場所です。
共働き家庭が増えてきた今日では注目されつつある教育の場です。
学童クラブでは集団遊びや工作など様々な活動に取り組みます。
勉強を行う学童クラブもありますが、勉強だけではなく遊びを通して子どもたちの新たな可能性を見つけることに重きを置いています。
このように、今日の子どもたちは学校以外の場所でも自分の個性を伸ばす機会があります。
もちろん他にも様々な教育現場は存在します。
教育とは教え育てることです。
子どもたちが新しいことを知り、成長していく場はどんな場所でも教育の現場なのです今の子どもたちにとって必要な力はなにか、それを学べる教育現場どこか、その都度考えてみる必要があります。