教育は生きている限り続いていく

教育は教えて育つという漢字を使っています。
ですので、教育は必ず教える立場の者と教わる立場の者がいて成り立ちます。
これは小学校や中学校、高校が正にそのいい例と言えます。
学校というのは教える立場の教師がいて、教わる立場の教師がいます。
教師に教わることによって生徒は育っていきます。
これが教育というものです。
教育を受けることによって様々な知識を取り入れることができるだけじゃなく、これから社会に出ることによって様々な場面で役にたちます。
社会人になっても上司から教わる立場になるので、教育を受けることになります。
また、それだけではなく、今まで教育を受けていた者が次は自分が教える立場になることもあります。
教育というのは学校だけじゃなく社会に出ても受けることになります。
ですので、生きている限り教育は続けています。
今までいろいろな人から教育を受けてその教育を様々な場面で役にたてていくことが可能になっています。